商品情報にスキップ
1 13

E-サイクル・カミロ

電動アシスト自転車【フル電動可能】キックウェイ KW20-G

電動アシスト自転車【フル電動可能】キックウェイ KW20-G

通常価格 ¥208,000 円
通常価格 ¥260,000 円 セール価格 ¥208,000 円
セール価格 売り切れ
税込

※価格はすべて税込み価格です。

バッテリー容量(アシストモードで15Ahは80-100km,20Ahは120-135km走行)
ブレーキ
フル電動(アクセル)機能

【お知らせ】

現在、メーカーでキックウェイの新モデルを開発中のため、納期は5月になります。外観上あまり大きな変更はありませんが、写真が届き次第、順次掲載いたします。

「アシスト力+ファットタイヤ」でさまざまな道を走破可能

キックウェイKW20-GキックウェイKW20-GキックウェイKW20-GキックウェイKW20-G

直径10cmのファットタイヤはクッション性と安定性に優れ、荒れた道でもすべりにくく、電動アシスト力は、少ない力で大きな推進力を生みだすため、普通の自転車では走ることができない山道や河原、砂浜、雪道などのオフロードを走ることができ、大自然の中のツーリングを楽しめます。

フル電動(アクセル)機能が可能(オプション)

キックウェイKW20-GキックウェイKW20-G

オプションでフル電動(アクセル)機能の追加が可能です。フル電動機能は、モード切替ではなくペダルアシスト機能と同時に使えるため、オフロードでのパワフルな走りが可能です。また一般の公道ではフル電動走行は禁止されていますので、必ず本体内部にある弊社オリジナルのスイッチをオフにして、カバーを取り付けて、アクセルが完全に使えない状態でご使用ください。

インターネット等で中国のアクセル付き電動アシスト自転車を購入してそのまま公道を走行すると、法律違反になりますのでご注意ください。

出力500Wの
パワフルモーター搭載

キックウェイKW20-G

48Vでヨーロッパ基準(250W)を上回る定格出力500wのパワフルブラシレスモーターを搭載。強力なアシスト力で、自転車では困難な坂道や悪路も軽快に走ることがてできます。

【動画】(アシスト無しと有りの比較)

シマノ製7段変速と
5段階アシスト

キックウェイKW20-G

信頼のSHIMANO製の7段変速ギアがついており、切り替えとパワーアシストにより、きつい坂道でもスイスイ上れます。またモーターによるアシスト機能は、法律の規定によりスピードが上がるにつれて弱くなりますが、7段変速ギアがあれば高速走行でも軽い力で進むことができます。

急傾斜の坂道も登坂可能

キックウェイKW20-G

500Wまたは1000Wモーターと7段変速ギアにより、最大で勾配率25%の坂道も登ることができます。(※積載量が極端に重くない場合。通常の急な坂道は勾配率10%台)

前後輪ダブル油圧式ディスクブレーキ

キックウェイKW20-G

前輪、後輪ともに車やバイクに使われるディスクブレーキ(油圧式)を採用。ブレーキパッドがディスクを噛む面積が大きく、機械式に比べて軽い力で大きな制動力が働き、急な下り坂や雨天でもしっかり減速できます。(※油圧式にはデメリット(エア噛みやメンテナンスの難度)もあるため、機械式もお選びいただけます。)

走行距離120~135kmの
大容量バッテリー

キックウェイKW20-G

本体フレームに収納されたリチウムイオンバッテリーは、15Ahまたは20Ahの大容量。1回の充電で80~100km(15Ah)、120~135km(20Ah)走行可能なため、週に1回の充電で毎日10km走れます。

バッテリー単体での
充電が可能

キックウェイKW20-G

バッテリーは、自転車本体から抜き出して、単体で持ち運べるため、電源があればどこでも充電が可能です。

軽量アルミ合金フレーム採用

キックウェイKW20-G

本体フレームには軽くて丈夫なアルミニウム合金を採用。重量を抑えながら、総耐荷重150㎏を実現。走りやすさと耐久性を両立しています。

20×4インチのファットタイヤ

キックウェイKW20-G

タイヤはタイヤ径20インチ、幅4インチのファット(極太)タイヤでクッション性と安定性に優れているため、小石や溝を気にすることなく、上り坂でもふらつかず、通常の自転車では走ることが困難な段差の乗り越えや山道、草原、砂浜、雪道などの悪路も脚力が弱くても走ることができます。

タイヤタイプの選択が可能

キックウェイKW20-G

表面にブロックがあり、荒れた道でもグリップして安定して走れるオフロードに適したブロックタイプと溝が浅めで街中など滑らかな舗装道路(オンロード)を走るのに適したスリックタイプの2種類からお選びいただけます。

前後ダブルサスペンション

キックウェイKW20-G

マウンテンバイクと同様に前後のタイヤにフルサスペンションを搭載。フロントフォークには油圧サスペンションを内蔵し、ともに地面からの衝撃を緩和し、段差やでこぼこ道でも快適なライディングが楽しめます。

サドルの高さ調節が可能

キックウェイKW20-G

サドルは固定でなく、10cmの範囲で高さの調節が可能なため、あなたにとって最適な高さ、姿勢で乗ることができます。

さまざまな情報を表示する
液晶ディスプレー

キックウェイKW20-S

ハンドル中央の液晶ディスプレーには、走行速度、走行距離、ギア、バッテリー残量、エラーコードが表示され、リアルタイムの走行状況がわかります。

高輝度LEDヘッドライトと
テールライト

キックウェイKW20-G

高輝度LEDヘッドライトは、バッテリー直結で停止時でも点灯します。テールライトは自動車と同じようにブレーキと連動しており、夜間の常時点灯とブレーキランプの2つの機能を持っています。視認性が高いため、後続車両等による事故を防ぎます。

ヘルメットも似合う
スタイリッシュなデザイン

キックウェイKW20-G

バッテリーが収納された太いトップチューブが特徴的なデザインは、他に類を見ません。今年4月から着用が努力義務となったヘルメットをかぶっても全く違和感のないデザインとなっています。

ヨーロッパ(EU)基準の安全性

キックウェイKW20-G

キックウェイは、欧州連合(EU)の安全性基準に適合し、認証を取得しています。その範囲は車両の強度、回路設計、電波干渉、バッテリーの安全性、防水性、モーター出力、ブレーキ等多岐に渡り、日本の型式認定よりも厳しい基準をクリアしています。

また、諸外国においても高い評価を得ています。

キックウェイKW20-G

【ご購入者様のご感想(レビュー)】

自転車が届いてから約2ヶ月のレビューです。デザインに一目惚れして購入しました。毎日駅まで乗っていますがアシストが5段階で選べて坂道も楽に登れます。バッテリーは15Ahの方を選びましたが、まだまだ最初に充電した分で走れています。数ヶ月充電しなくていいのはとても楽なので増やせるのであれば多い方をオススメします。電動自転車なので車体は重いのですがタイヤが太いので安定感もありとても漕ぎやすいです。総評すると大変満足していてキックウェイを選んで良かったと思っています。(K.F様)


【製造現場写真】

キックウェイKW20-G製造
キックウェイKW20-G製造
キックウェイKW20-G製造
キックウェイKW20-G製造
キックウェイKW20-G製造
キックウェイKW20-G製造

【各部の名称】

キックウェイKW20-Gパーツ

【寸法】

キックウェイKW20-G寸法

【ハンドル周りの操作】

■電源

■ライト

■フロントブレーキ

■リアブレーキ

■アシストレベル

■シフト(ギア変速)


【走行モードの切り替え方】

■自転車モードからアシストモード

左ハンドルの電源スイッチを入れて、アシストレベルを1~5のいずれかに設定してからペダルを回します。


【同梱品】

キックウェイKW20-G同梱品

【仕様】

キックウェイKW20-G仕様

【組立て動画(商品が届いたら)】


よくあるご質問

Q:公道を走行できますか?

A:はい。日本の電動アシスト自転車の基準に則った自転車ですので、一般の自転車と同じように走行できます。(フル電動機能付きの場合は、機能を完全にオフにする必要があります。)

Q:雨に濡れても大丈夫ですか?

A:雨に濡れても電気系統に問題ありません。直接水圧がかかるような環境や、水をかけながらの洗車はお控えください。

Q:何cmの身長から乗れますか?

A:160cm以上の方から乗っていただけます。サドルを伸ばして調整可能なため、背の高い方も乗っていただけます。

Q:スピードが出過ぎる心配はありませんか?

A:アシストモードの場合、時速24km/h以上の場合にモーターはアシストしないように設計されております。
ペダルを踏んでもいないのに進んだり、24km/h以上でモーターが加速を行ったりするようなことはありません。(※掲載している動画はフル電動モードの走行も含んでいます。)

Q:どのぐらいのペースで充電すればいいですか?

A:使用頻度によりますが、通勤通学に使用する程度でしたら1週間に1~2回で十分持つと思われます。

Q:何回ぐらい充電出来ますか?

A:リチウムイオン電池ですので、500回の充電サイクル回数を繰り返した時点で、電池容量が60%程度まで減少するとお考え下さい。(毎週1回で9年以上)

Q:走行中にバッテリーが切れたらどうしますか?

A:万が一走行中にバッテリーが切れた場合、普通の自転車として乗ることができます。
その場合、モーターやバッテリーを搭載しているため、普通の自転車より重く感じる場合がございます

Q:バッテリーのみの購入は出来ますか?

A:はい、可能です。商品ページからご注文ください。

Q:何か特別な空気入れが必要ですか?

A:タイヤの空気バルブは米式のため、変換アダプタを取り付ければ通常の空気入れをご利用いただけます。

Q:届いたらすぐに乗れますか?

A:梱包時には前輪とハンドルは取り外してありますので、同梱の工具を使って取り付ける必要があります(※動画を掲載しています)。ご自身でも可能ですが、安全のため最寄りの自転車店で取り付け、または調整していただくことをお勧めいたします。

Q:日本語のマニュアルはつきますか?

A:はい。同梱品画像にはありませんが、操作や組み立て方などについて詳しく記載した日本語マニュアルをお送りします。

Q:納期はどれくらいですか?

A:ご注文後、通常約1か月ですが、メーカー(海外)の製造状況、国際貨物便の輸送状況(週に1便など)等によりまして、大幅に遅れる場合もありますので、ご了承ください。

Q:通販だけですか?どこか実店舗で販売していますか?

A:現在は通販だけですが、店舗さまからの引き合いもきております。最寄りの自転車店等(大手を除く)に「取り寄せ」の依頼をしていただければ、弊社から店舗様に卸価格で販売いたします。

Q:防犯登録はできますか?

A:はい。法律で義務付けられています。保証書または販売証明書をお送りしますので、最寄りの防犯登録所(自転車店や自転車を販売しているホームセンターなど)で登録をお願いいたします。

Q:保証期間はありますか?

A:1年間のメーカー保証期間を設けております。取扱説明書に従った使用状態での商品不良に対して、パーツの交換等、修理対応を行います(お客様の故意・過失等で生じた故障は除きます)。

Q:保証期間後も部品交換対応等は可能ですか?

A:はい。対応いたします。有料になりますが、交換部品をご送付し、修理方法の説明動画をお送りするかサイト上に掲載いたします。

Q:タイヤ交換はどのようにすればよいですか?

A:タイヤ交換には次の方法があります。1.当店または他店で購入したタイヤを最寄りの自転車店等に持ち込んで交換 2.当店からお送りする説明動画を見てご自身で交換。簡単な工具があればご自身での交換は可能です。

Q:販売店ですが、卸販売は可能でしょうか?

A:はい。販売店様を募集しております。卸価格のお見積りをご依頼ください。


【お支払いについて】

お支払いは原則前払いになります。銀行振込またはクレジットカード払いがご利用いただけます。

■銀行振り込み

ご注文後に振込先のご案内をメールにて送らせていただきますので指定の口座にお振込みください。
※振込手数料はお客様負担となります。

■クレジットカード払い

ご注文の際に「ショッピファイ・ペイメンツ(shopify payments)」からクレジットカード払いができます。商品代金に加えてクレジット会社の手数料(3~4%)が加算されます。

■領収書の発行につきまして

法人等、領収書の発行が可能ですのでお問い合わせください。


【配送について】

・こちらの商品は、当社から発送いたします。

・配送業者はお選びいただけません。

・原則送料無料ですが、北海道・沖縄・離島など一部地域は別途送料がかかる場合がございます。

・配送日時指定ができるのは、当社への商品入荷後になります。

・商品発送後のキャンセルはお受けできません。


【商品が届いたら】

・できるだけ早く、箱を開けて同梱品等も含めて商品をご確認ください。

・到着した商品は、前輪とハンドルの取り付けが必要です。必要なパーツおよび工具が同梱されており、マニュアルに従って取り付けできますが、安全のため必ずお近くの自転車販売店で調整をしてからお乗りください。


【初期不良等について】

・商品が初期不良の場合、商品到着後7日以内にご連絡ください。お近くの自転車販売店での修理、交換用パーツの送付、本体の交換での対応とさせていただきます。返品返金での対応はできませんのでご了承ください。

・到着7日以降に関しましては初期不良として対応できかねますのでご了承下さい。

・発送時に十分な梱包をしていますが、運送中に小さなキズやパーツ(泥除け・ハンドル等)の位置がずれる場合がございます。これは運送時の不可抗力と考えており、初期不良としての保障対応は致しかねますのでご了承下さい。

・返送用に梱包ダンボール箱は必ず保管しておいてください。こちらから返送用のダンボール箱をお送りする場合は、有料となります。


【安全、安心のために】

・現在、多くの都道府県等で自転車損害賠償保険等(以下自転車保険)への加入が義務化されています。 自転車が加害事故となる事故で、高額な損害賠償請求がされる事例が多く発生しています。 あなたと被害者を守るため、事故に備えて自転車保険にご加入ください。

・道路交通法の改正により、2023年4月1日から自転車を運転する際にヘルメットを着用することが努力義務となっています。乗車時はヘルメットのご着用をお願いいたします。


詳細を表示する

何でもお気軽にお問合せください

この商品をシェアする